江東区住吉駅にある美容室Sugar(シュガー)

070-3823-3424

BLOG

美容師はプロのカウンセラーではありません


シュガーのオーナースタイリスト、サトウです

今回は「美容師はプロのカウンセラーではない」ということについて記述させていただきます。


はじめに誤解がないように書かせていただきますが、ヘアに対するお悩みを

聞き出して、問題解決のために答えを出していく、という意味では

美容師は

「ヘアに関するカウンセラー」
でなければならないと思います!


今回お伝えしたいのは、プライベートや仕事、家庭の悩みに対して


お客様が満足する、気持ち良くさせる返答を美容師に求めるのは

正直、分野が違うかなと、シュガーの
サトウは考えております。


美容室では自然発生的に色々な世間話に発展することがあり、色々なお話を

して人それぞれの価値観や考え方を共有することが

面白く感じる瞬間はある業種だとは思うのですが

やはり美容室、ヘアサロンは「髪」が1番の優先順位だと思います



例えば、適齢期の結婚観、パートナーや夫婦間の問題、仕事のキャリアの話、

お金にまつわること、世代によって違うライフスタイルの考え方など

色々なお話を聞くことがあるのですが、


これらのお悩み、お話をしっかり最後まで聞き、気持ちに寄り添う態度、言葉がけ

をするのが理想とする「接客業」だと思います。


「それは大変でしたね」

「状況が良くなるといいですね」

「辛い思いをされたんですね」


など、お客様の気持ちに寄り添い、最後まで話を聞き、思いをねぎらうような言葉がけをすれば

良いと思うのですが、

そこまでの「接客」を求めるとしたら、ちょっと美容室で提供するサービスとしてはハードルが

高い様に思うんですよね。

もちろん、お客様の気持ちに寄り添う接客はできるに越した事は無いと思います。

むしろ出来た方がその美容師さんは多くのお客様に支持されると思います。


ただ、美容室は本来「髪」をキレイにする所なんですよね。

本当に気持ちよくなるための接客をお求めなら、女性ならホストクラブに行くのも良いと

思いますし、男性なら女性がついてくれるクラブなどがありますし、

気持ちよくなる接客とは違いますが、悩み対応ならプロのカウンセラーに相談したり、

ネットへの書き込みで相談するという方法もありますね。


もちろん、「何か人間的に合わない」「自分の意見を肯定してもらえない」などの理由があり

感じが悪いな、と感じた時はサロンを変えていいと思います。


※ 美容師は「髪のプロ」

※ 「悩み相談、気持ちよくさせるトークのプロ」ではない

シュガー、サトウの意見でした!


 
サトウ ゴーイチ

美容室 Sugar(シュガー)

代表 / スタイリスト

サトウ ゴーイチ

スタッフページはこちら

美容室 Sugar(シュガー)

江東区住吉1-5-4 [ MAP ]
TEL 070-3823-3424

PAGETOP